1. TOP
  2. 東京マネージャーコラム
  3. 個性學 実践事例:「仕事の進め方」の違いを知って、仕事がスムーズに流れ始めた!

個性學 実践事例:「仕事の進め方」の違いを知って、仕事がスムーズに流れ始めた!

 2018/05/27 東京マネージャーコラム
この記事は約 3 分で読めます。 419 Views

こんにちは!アースエレメントの小笠原です。

個性學を学んで使いこなせるにつれて、

「人ってこんなに違うんだ!」と日々驚き続けているのですが、

個性學を使って、仕事がスムーズに進みはじめた経験をご紹介します。

~・~・~

職場でこんなやり取りはありませんか?

「この仕事状況どうなってるの?」
「この状況で間に合うの?!  大丈夫??」

私が関わらせていただいている、ある職場では
こんなやり取りが日常茶飯事だったのですが💦

個性學を学んで
これは、個性學で2タイプに分かれる「仕事の進め方」が違うことで

起きている問題なんだ、と気付き、

すぐに、私の行動を変えたところうまくいきはじめました(^^)

個性學では、状況に応じてまずやってみて仕事を進めるタイプと、

まずゴールと期日を決めてから逆算して進めるタイプに分かれます。

私は前者タイプだったので、後者のタイプの仕事の仕方が理解できて

いなかったことに気づきました。

その時に私が心がけていたことは・・?

・話をする時は常に、仕事の「ゴールと期日」を話すこと
・期日に遅れそうなときは、それが自分に任されている仕事であっても
早めに途中経過を、報告し相談するようにしたこと

の2点です。

すると、今までは状況がわからず、
「どうなっているの?」「この計画通り進んでいるの?」と

ストレスを感じていたチームのメンバーが

状況がわかることで、無駄にイライラすることが減り
私も、他のメンバーから業務を分担してフォローしてもらったり、
相談しながら進められるようになり、
「この仕事どうなってるの?」と言われる回数がなんと半分以下に減りました。

私の職場で起きていた違いは
個性學の「仕事の進め方」の違いでした。

・仕事の終着点をイメージして、計画的にペース配分するタイプと
・目の前にあることから状況に合わせて柔軟に対応しながら積み上げていくタイプ

このことを学んだ時に、お互いに感じていた
「なんでそうなの?」というイライラの原因がこの違いだったんだと腑に落ちて

じゃあ、お互いに仕事がスムーズにいくためには、どうしたらいいのかな?と
考えて、行動を変えてみるきっかけになりました。

個性學を学ばせていただくにつれて
日常の些細なストレスや、思うように仕事が進まない
フローに乗れていない、そんな原因が
この生まれた個性の違いにあったんだ、という気づきの連続です。

違いを知るだけじゃなくて
その違いを、どのようにしたら、お互いにとってもっと良くなるのか?
私もチャレンジしていきます✨

 
________________

アースエレメントで開催している
セミナーの詳細・お申込みはこちらから✨

クービック予約システムから予約する

________________

個性學の実践事例など、すぐに活用できる内容満載の
メルマガ配信中!
登録は無料です♪

埋もれた才能を価値に変えるメルマガ

https://canyon-ex.jp/fx19529/EEmgform

 

\ SNSでシェアしよう! /

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ogasawara

ogasawara

合同会社アースエレメント東京エリアマネージャー
個性學アドバイザー

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売上は上げているのに、なぜか評価されない営業マン

  • 個性學セミナーレポート「自分を知ると問題が消えていく!?」

  • 失敗しない複業・副業は稼ぐ額より○○で決める

  • 「当たり前」が「奇跡のギフト」に変わる16時間。

関連記事

  • セミナーレポート 3年後のAI時代には「あなたそのもの」が最大の武器になる!? 〜個性學編〜

  • 無理のないモチベーション✨

  • 資料を依頼された時、何を意識して作りますか?

  • 個性學 実践事例 言葉を変えて職場の人間関係がスムーズに!

  • 失敗しない複業・副業は稼ぐ額より○○で決める

  • 活躍できるタイミングは人によって違う⁈