1. TOP
  2. 東京マネージャーコラム
  3. 個性學 実践事例 言葉を変えて職場の人間関係がスムーズに!

個性學 実践事例 言葉を変えて職場の人間関係がスムーズに!

 2018/05/23 東京マネージャーコラム
この記事は約 3 分で読めます。 256 Views

「一緒にやろうね、の伝わり方が違って驚いた!」

こんにちは。
アースエレメントの小笠原です(^^)/

最近、職場で

この2つの言葉で
相手への伝わり方が全然違うことを学びました✨

——–

●「何かあったら聞いてね」

●「わからないことはいつでも聞いてね」

——–

 

私は後輩と一緒に仕事を進める時に

一緒にやっていこう!
何かあったらなんでも相談に乗るから、という気持ちで、

「何かわからないことがあったらいつでも聞いてね」
と伝えていました。

そして、
彼がわからないときは声を掛けてくれるだろう、と思い込んでいましたσ^_^;

 

 

しばらくして、
後輩から

「一緒にやろうって言ってたのに
僕ひとりで進める感じですか?」と言われたとき
全然違う意図で伝わってる!とやっと気づきました💦

 

 

 

この違いを学んでいる個性學を使って
大きな3分類で考えると

彼は「人志向」

人との繋がりを重視していて
一緒に仕事をする相手が仕事が進めやすいように、どうしたら相手にとっていいかな?

人に意識が向いています。

 

 

一方私は「大物志向」

どうしたら手っ取り早く成功するか、に
意識が向いています。

 

後輩にとっては

私の「何かあったら・・・」という
この言葉は
何かあったら聞くけど
あとは自分で進めてね、と

突き放されたような印象を受けたようです。

 

そこで、
彼にとって安心感を感じてもらえるように

「わからないことは何でも聞いてね」
「いつでも声かけてね」
「進み具合はどう?」

と掛ける言葉を変えたら

 

ずっと進まなかった仕事を
自分でどんどん進めてくれるようになり

わからないときは、
「相談したいので、今お時間いいですか?」と
声を掛けてくれるようになりました^_^

 

 

言葉1つで
こんなに伝わり方が違う!ことに
ビックリ‼️

 

 

こんなことを経験すると
自分が普段から無意識に
言葉を使っていたんだなぁと気付きます(・_・;

社内の関係でも、お客様に対しても
言葉を変えることで
改善の余地がまだまだありそうです✨(^^)

 

________________

アースエレメントで開催している
セミナーの詳細・お申込みはこちらから✨

クービック予約システムから予約する

________________

個性學の実践事例など、すぐに活用できる内容満載の
メルマガ配信中!
登録は無料です♪

埋もれた才能を価値に変えるメルマガ

https://canyon-ex.jp/fx19529/EEmgform

 

\ SNSでシェアしよう! /

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Earth Staff

Earth Staff

この人が書いた記事  記事一覧

  • セミナーレポート 職場で個性を発揮した最強チームを作るために大事なことは?

  • セミナーレポート マネジメントに即活用!個性で全く違う「自分が目指す活躍」の姿とは?

  • 個性學 実践事例 遅れないプロジェクトは、誰が〇〇を立てるかで決まる!?

  • 個性學 実践事例 プロジェクト立ち上げ時に、最も効果的でシンプルなポイント

関連記事

  • 無理のないモチベーション✨

  • セミナーレポート 職場で個性を発揮した最強チームを作るために大事なことは?

  • ウェルス活用事例:仕事を任せられない人が、あるきっかけで克服できた理由

  • 資料を依頼された時、何を意識して作りますか?

  • 自分視点になりすぎた時、陥りがちなこと

  • 会社の流れ、意識していますか?