1. TOP
  2. トレーナーコラム
  3. 課題解決できる人、苦手な人の決定的な違い

課題解決できる人、苦手な人の決定的な違い

 2017/12/04 トレーナーコラム
この記事は約 3 分で読めます。 697 Views

アースエレメント コーチ・ビジネストレーナーの 村上 燿市 です。

日々生活する中で
全く悩まない、という人は少数派かもしれません。

多くの方は、悩みつつ日々過ごしています。

その中でも
問題解決しながらどんどん前に進んでいく人と
問題を前に立ち止まってしまう人

この違いはどこにあるのでしょうか?

その1つに
「課題が明確になっている」かどうかの違いがあります。

「課題がぼんやり大きなもので、ざっくりしている」
のであれば明確になっていないことになります。

では、課題を明確にするために
どうすれば良いのでしょうか?

まずは「そこに向き合う時間をつくる」ことが
ポイントです。

・自分との時間を作り向き合うこと
・その鍵を握る誰かと会って相談すること

この2ステップがとてもおすすめです。

まず1時間「自分とのアポイント」を入れて、
まずは紙やノートに書き出してみましょう。

頭で考えるだけよりも、紙に書き出してみることは
全く違う効果があります。

(この時の理由と、コツもあるのですが、
それはまたの機会に)

 

それ以外にも、「経験不足」の場合も
目的は見つかりづらいので

「まずはいろいろやってみる」こと、

また、「頼まれごとを精一杯やってみる」ことも
とてもおすすめです。

仕事で新しい職務を与えられたなら、それは
最大のチャンス。

そこで自分の可能性を試したり、
経験値を増やすことができます。

経験値を増やすことで、
意外な発見、意外な出逢い、意外なスキル
が身についていくので、道が開かれていきます。

もし、
課題を早い段階で明確にして
前進していきたい方は、

皆様一人一人の個性、才能、状況に合った
方法をお伝えしています。

ご希望の方は、まずはお手軽に参加できる
セミナーのご参加がおすすめです。

 

アースエレメント トレーナー  村上 燿市

________________

アースエレメントで開催している
セミナーの詳細・お申込みはこちらから✨

クービック予約システムから予約する

________________

個性學の実践事例など、すぐに活用できる内容満載の
メルマガ配信中!
登録は無料です♪

埋もれた才能を価値に変えるメルマガ

https://canyon-ex.jp/fx19529/EEmgform

 

\ SNSでシェアしよう! /

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

村上燿市

村上燿市

村上燿市 Yoichi Murakami

合同会社アースエレメント シニアトレーナー

日本個性學研究所
 養成講座認定校 個性學シニアエバンジェリスト

一般社団法人 日本適性力学協会認定
 ウェルスダイナミクス シニアトレーナー
 WDコンサルタント
 WD法人研修講師

自分の可能性を探し、成長していきたい、社会人、起業家、起業を目指す方、経営者を対象に〈自分でも気づいていない奇跡の才能〉を引き出し、個人と組織の存在価値を高めるコーチング、セミナー、企業研修等を開催。

■■ 主な実績 ■■

・受講者満足度 96.6% (受講生アンケート 非常に満足・満足の割合)
・受講生累計3,200人以上
・ウェルスダイナミクスプラティショナー養成人数 140名以上。
・コーチング実績 300名以上(正味人数)
・セミナー実績 年間約100回 累計700回以上

https://www.earth-element.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自分に向いている仕事を見つける前に上げておく「視点」とは?

  • 仕事の成果は「自分の才能&適性」と「活躍できる環境」で7割決まる!?

  • そのビジネスの課題の核心は、そこじゃない。

  • ウェルスダイナミクス「ロード」の飛び込み営業

関連記事

  • 自分に向いている仕事を見つける前に上げておく「視点」とは?

  • 右腕が育たないと嘆かれる社長、外部トレーナーを活用してますか?

  • うまくいく人は〈才能・強み〉と〈環境〉でフローに乗る!?

  • 仕事の成果は「自分の才能&適性」と「活躍できる環境」で7割決まる!?

  • 会社の教育(共育)予算はありますか?

  • そのビジネスの課題の核心は、そこじゃない。