1. TOP
  2. 「情熱」って育てるもの?

「情熱」って育てるもの?

 2017/05/14 東京マネージャーコラム
この記事は約 3 分で読めます。 234 Views

今回は私の経験から、

ウェルスダイナミクスで学ぶコンテンツのひとつである

価値の構成要素(内的価値)の中で
「情熱」について書いてみたいと思います。

 

***

 

私は
「情熱」と聞くと
「ワクワク」「パッション」「熱くなれる」みたいなイメージがありました。
あくまで私のイメージです。
ウェルスダイナミクスの養成講座を初めて受けた〇年前、

講座の中で、各参加者が自分自身について
6項目の内的価値(情熱・才能・知識・人脈・人格・目的)
について点数を付ける場面がありました。
当時、自分の情熱がわからなかった私は
すごく低い点数を付けて、情熱もはっきり言えない自分が悲しくて

その場から逃げ出したくなったのを覚えています^^;

 

それから数年間経ち

やっと自分の「情熱」といえるものが
見つかってきた気がします。

 

今振り返って思うこと。

なぜ私は情熱が見つからない、と思っていたのか。

 

それは、(私の場合ですが)

 

・情熱を感じるだけの、自分の「気持的・時間的」余裕がなかったこと

 

・「ワクワク」という言葉のイメージに影響され、
ワクワクするほどでないかも?

 

・気持ちがそこまで盛り上がらないものは
「情熱」とはいえないはずだ、と
小さな情熱の芽を無視し続けていたこと、でした。

 

もっと他に自分の気持ちが盛り上がるものがあるはずだ、と思い
情熱を探すこと、に必死になっていました。笑

 

 

そんな時期を経て、今思うことは

情熱は始めから「ワクワク」するものばかりでは無いんだということ。
私の情熱は、
自然を感じられること、

お花を見て可愛いと思うこと、

太陽のあたたかさを感じること、

こだわりに触れること、
色んな人の生き方を知ること、等などですが
これらは、

「ワクワク・情熱的」というより
そんな時間が好き、

安心する、

もっと話を聞いていたい、とか
穏やかな感情に関わるものが多くありました。
そんな小さな情熱の芽に気付いて
関わる時間を意識的に増やしてみると、

ぼんやりしていた情熱が
より明確に

鮮やかに浮き立ってきたような気がします(^^)
もし、私の情熱ってなんだろう?と思う方がいたら
チカラを抜いて、なんでもいいので、

思いついた情熱の時間を増やしてみてはどうでしょうか?^_^

 

 

【情熱・才能・知識】が明確であることは

6つの内的価値の土台になる部分で、とっても大事です✨

 

詳しくはウェルスダイナミクス養成講座で聞いてみて下さい(^^)

 

2日間、みっちりの学びで
進む道筋と、今やることが明確になるはず、です(^_-)-☆

 

ウェルスダイナミクス養成講座他、

今後のセミナー予定はこちらから

 

\ SNSでシェアしよう! /

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人材教育のプロフェッショナル|アースエレメントの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

earth2017

この人が書いた記事  記事一覧

  • セミナーのご感想

  • 高い視点からのアドバイスを聞ける機会を。コーチングのご感想

  • ディールメーカーを理解する!セミナーのご感想

  • 無理のないモチベーション✨

関連記事

  • いい人脈ってなに?

  • 他者評価という視点を持つと…

  • 無理のないモチベーション✨

  • クリエイター社長と社員の関係って難しい?

  • 「わかる」と「わかったつもり」

  • やりたいことが、なくても大丈夫(^^)